混雑・空き状況はこちらから

〒239-0808
神奈川県横須賀市大津町1-20-5

046-834-7711

横須賀市大津町|君島整形外科|リハビリ・スポーツ整形・リウマチ

巻き爪

  • スポーツ整形
  • ブロック注射
  • ばね指手術
  • 巻き爪
  • 求人案内
HOME»  巻き爪

巻き爪

巻き爪とは

巻き爪とは、爪の端が「C」型のように湾曲し、内側に食い込んだ状態のことを言います。時には炎症を起こし、激しい痛みを伴います。靴が履けない、爪が切れないなどの影響がでます。

巻き爪の種類

①陥入爪(かんにゅうそう)
爪の両端が肉に深く食い込んでいる状態です。炎症を伴い、腫れるとさらに埋もれていくという悪循環になります。炎症が続くと殺菌が侵入し、化膿します。
 
②弯曲爪(わんきょくそう
爪の全体がひどく弯曲しながら伸びている状態です。爪先が顕著に曲がり、逆Uの字や、Cの字、「の」の字の形になります。痛みがありますが、炎症や化膿はない方もいます。

原因

●靴による圧迫
靴によって爪が圧迫されることが原因です。特に、靴の先端が細いものは巻き爪になりやすいです。
●スポーツ
指や足指に大きな負荷がかかる運動は、爪の周辺の肉部分に炎症が起こり、そこが盛り上がると炎症になりやすいです。
●遺伝的要素
爪の硬さや、形は人様々ですが、そういった性質は、遺伝が多いです。両親が巻き爪だと、「巻きやすい」性質も遺伝しています。
●爪の切り方
深爪は、巻き爪になりやすくなります。深爪をすると、周囲の肉や皮膚の部分が増え、盛り上がってきます。すると、爪が変形し巻き爪になります。
●加齢
年齢を重ねるごとに、爪は厚くなり、水分も蒸発し、硬く縮んでいきます。また、歩かなくなると、下からの圧力が少なくなり、爪が曲がってきます。

巻き爪の方へ

巻き爪は、放置していたことによる悪化が多いです。自己判断でいつか治るだろうというのはやめましょう。早期であれば、軽度な治療で済みますし、治るまでの期間も短くて済みます。なんだか変だなと思ったら、お気軽にお尋ねください。
当院では投薬と消毒による保存治療から、ワイヤーによる爪矯正や爪の一部を切除する手術まで、症状に合わせて治療をしています。

ページトップへ戻る